記事

iPhoneのセーフモードで不具合の原因を探る

iPhoneの調子が悪いと感じても、ハードウェアの故障やアプリのバグなど判断できない場合があります。


そんな時はiPhoneの最低限の機能のみで起動するセーフモードを利用すれば、原因を探るヒントになります。


まずはiPhoneの電源をオフして、電源ボタンと音量アップボタンを同時に押し続けて起動し、リンゴマークが表示されたら電源ボタンを放します。


パスコードの画面が表示されたら音量アップボタンも放せば、セーフモードでの起動が完了します。
ここで正常に動作しなければハードウェアに何らかの故障がある可能性が高く、問題無く動作すればアプリやプロファイルに原因がある可能性が高いと判断できます。


問題の切り分けをした結果、自身で対処ができない場合には、Appleショップや公式サービスプロバイダなどに修理の相談をするのがおすすめです。

おすすめ